猫専門ペットシッター kururu~くるる~

kururu~くるる~は、岡山市周辺の猫専門ペットシッターです。ペットホテルでのお留守番が苦手な猫ちゃんのお世話を代行いたします。
お問い合わせ先/猫専門ペットシッター kururu~くるる~
猫専門ペットシッター kururu~くるる~

緊急手術

緊急手術

カテゴリー : うちの子

この1週間、いろいろなことがあったのですが、なかなか気持ちの整理がつかず、更新をお休みしておりました。

IMG_025.jpg

実は、一安心♪の記事を書いた数日後に、再び、ミィちゃんのオシッコがつまり、病院で、カテーテルの導入をしていただきました。

IMG_m026.jpg

(写真は、その日に取れた石)
そして2日前、3度目の尿閉が起こり、今回は、嘔吐も加わっていたため、急いで病院に連れて行ってきました。待合室で待つこと20分。いつもはすぐに処置を済ませて戻ってくるミィちゃんが、なかなか戻ってきません。いやな胸騒ぎがする中、看護師さんから、今回はなかなかカテーテルが通らないため、いったん、お預かりをさせて欲しいとお願いされました。いつも見てくださっている先生がオペ中だったこともあり、私は、ミィちゃんをそのまま病院に預け、病院の近くで、携帯電話が鳴るのを待ちました。

それから、1時間30分後に、先生からの電話。
いよいよ、カテーテルも通らなくなり、尿道につまった石を取るための手術が必要とのこと。「会陰部尿道瘻設置術」治すための手術ではなく、今を生きるための手術です。

何度も何度も生死の境をさまよい、手術をしてきたミィちゃん。そのたびに、お別れを覚悟してきました。もしかしたら・・・、もう会えなくなるのかも・・・。家に連れて帰って、ずっとそばにいてあげた方が、ミィちゃんにとっては、幸せなことなのかも・・・。いろいろな気持ちが頭の中をめぐりました。それでも、もしもミィちゃんが、もっと生きていたいと願っているならば、きっとまた、元気に戻ってきてくれるはず!そう思い、今回も先生にすべてを託すことに決めました。

IMG_024.jpg

そして今日、午後1番で手術をしていただけるとのことで、午前中に病院に面会へ。オシッコがつまって苦しいはずなのに、私が呼びかけると、お腹を見せて、ゴロゴロのどを鳴らしてくれました。
夕方、無事に手術が終わったとの連絡をもらい、術後まもなくのミィちゃんに会ってきました。私の顔を見るなり、「ニャー。」と一言。「ママ、僕がんばったよ!」私には、確かにそう聞こえました。

まだまだ入院生活がつづき、どんなことが起こるかわからない・・・そんな状況ですが、私の世界一信用している先生と、元同僚たちに、ミィちゃんを預けたいと思います。

~FC2・kururu雑記より~

里親探し

“緊急手術” への2件のフィードバック

  1. Haruna より:

    ミィちゃん頑張ってますね。
    パパとママの心労を思うとたまりませんが、
    とにかく祈っています。
    術後の経過が順調でありますように。

  2. kururu より:

    お見舞いのメッセージ、
    ありがとうございます!
    今日は、点滴も取れて、
    相変わらずの
    ご機嫌な姿を見せてくれました。
    きっと元気に帰ってくると、
    今は、信じて・・・、
    私もできるだけ
    いつもと変わらない生活を
    送るようにしています。
    また、良い報告ができますように!

コメントを残す