猫専門ペットシッター kururu~くるる~

kururu~くるる~は、岡山市周辺の猫専門ペットシッターです。ペットホテルでのお留守番が苦手な猫ちゃんのお世話を代行いたします。
お問い合わせ先/猫専門ペットシッター kururu~くるる~
猫専門ペットシッター kururu~くるる~

老猫ルーム

老猫ルームについて

くるるの老猫ルームは、2017年にOPENしました。

譲渡が苦手で、猫たちの保護活動に後ろ向きになっていたころ、崩壊寸前の多頭飼養場で出会った<チョコ>と<サブロ>。

保護猫、老猫…という理由で十分な医療も受けられず、たくさんの猫たちの中で、その運命を受け入れているかのように…静かに佇んでいたふたり。そんなふたりをなんとか救いたいそう思ったことがきっかけでした。

そして、ときを同じくして出会った<ユウタくん>と<マミちゃん>。

高齢の飼い主さんが突然の事故に遭い、寒空の中、電気さえ通っていない部屋で、ふたりで肩を寄せ合いながら、飼い主さんの帰りを待っていました。

そんなユウちゃんとマミちゃんの元にシッターとして通いながら、こんな子たちのめに、私にもできることがあるのではないかと思い始め、飼い主さんにふたりのこれからを託された日、老猫や病気猫のためのお家を作ることを決めました。

譲渡の難しい猫たちと譲渡が苦手な私が作る場所では、たくさんの子たちは受け入れることができません。

それでも縁があり、この場所にやってきた子たちが、家猫であれば受けることができたであろう医療を当たり前に受け、毎日、当たり前に、おいしいごはんを食べ、人間と暮らす幸せを感じながら、穏やかな毎日を過ごす…そんな終生飼養の場を目標としています。

2018年にはステキな出会いもあり、老猫ルームは少しだけ大きくなりました。当初は、6匹だった保護猫たちも、現在22匹になりました。

これからも、1匹でも多くの行き場のない猫たちの力になれるようがんばっていきたいと思います。

なお、老猫ルームでは積極的なご寄付のお願いはしていません。あくまで、自走式を目標としていますが、医療費捻出のため、ネットショップを開設しています。

老猫ルームの子たちを応援したいと思ってくださる方がいらっしゃいましたら、ぜひお買い物で応援をよろしくお願いします。

入居猫たちの紹介

天使アイコン
家主 チョコイメージ

家主 チョコ 2016年12月~2017年3月(別宅)
2017年3月~2019年11月

多頭飼養場より引き上げ
慢性腎不全

文句は多いが姉御肌

天使アイコン
サブロイメージ

サブロ 2016年12月~2019年2月

多頭飼養場より引き上げ
3本足/慢性腎不全/口内炎

みんなに優しいのんびり屋

天使アイコン
入居猫 ユウタイメージ

入居猫 ユウタ 2017年4月~2017年9月

飼育困難により引き取り
慢性腎不全

マイペースなおっとりさん

天使アイコン
入居猫 マミイメージ

入居猫 マミ 2017年4月~2018年5月

飼育困難により引き取り
FIV/慢性腎不全/リンパ腫

のんびり屋の甘えたさん

入居猫 フウイメージ

入居猫 フウ 2017年5月~

多頭飼養場より引き上げ
難治性口内炎

甘えん坊のおしゃべりさん

モミオイメージ

モミオ 2017年11月~

保護主さんより引き取り
巨大食道症/衰弱

いつも陽気なぽんやりさん

天使アイコン
入居猫 ヤマトイメージ

入居猫 ヤマト 2018年5月~2015年12月

保護主さんより引き取り
FeLV/FIP

甘えん坊のご陽気者

入居猫 アサヒイメージ

入居猫 アサヒ 2018年10月~

某所にて保護

ケンカっ早くてお調子者

入居猫 ムツイメージ

入居猫 ムツ 2018年12月~

エサやりさんより引き取り

純情可憐な甘えん坊

入居猫 サクライメージ

入居猫 サクラ 2019年2月~

エサやりさんより引き取り
口内炎

お母さん命の甘えたさん

入居猫 ウメイメージ

入居猫 ウメ 2019年3月~

エサやりさんより引き取り
口内炎/慢性腎不全

俗世を超越中の猫神さま

入居猫 ユウヒイメージ

入居猫 ユウヒ 2019年5月~

某所にて保護
FIV・FeLv/リンパ腫/慢性腎不全

智勇兼備なスーパーキャット

天使アイコン
入居猫 サンイメージ

入居猫 サン 2019年7月~2019年10月

ブリーダー崩壊により引き取り
カリシウィルス感染症

マイペースな不思議ちゃん

入居猫 サチイメージ

入居猫 サチ 2019年10月~

エサやりさんより引き取り

マイペースな食いしん坊

入居猫 アヤメイメージ

入居猫 アヤメ 2020年6月~

保護主さんより引き取り

ひとりぼっちが苦手な甘えたさん

入居猫 ニャコイメージ

入居猫 ニャコ 2020年7月~

飼育放棄により引き取り

優しさあふれるみんなのママ

入居猫 コニャイメージ

入居猫 コニャ 2020年7月~

飼育放棄により引き取り

ケンカは強いがおっちょこちょい

入居猫 ゴウイメージ

入居猫 ゴウ 2020年8月~

エサやりさんより引き取り
老猫

物静かな甘えたさん

入居猫 ルウイメージ

入居猫 ルウ 2020年8月~

エサやりさんより引き取り
老猫

猫嫌いの女王さま

アサギ・アカネ・シオンイメージ

アサギ・アカネ・シオン 2020年8月~

エサやりさんより引き取り

アサギ: 家猫修行中の食いしん坊
アカネ: 好奇心旺盛な甘えたさん
シオン: 寂しがり屋のおっとりさん

老猫たちからのお願い

SNS等で、老猫ルームを少しずつみなさまに知っていただくことができました。応援してくださる方が増える一方で、保護依頼も多くなっています。

これまでもできる限り、猫たちを受け入れてきましたが、ここのところ、子猫や若猫の保護依頼が増え、現在、老猫ルームに新たな子を迎え入れる余裕はありません。

全ての子を助けてあげたい気持ちは山々ですが、子猫や元気な子には、どうかご自身で新しいお家を見つけてあげてください。

病気などが理由で、どうしても、行き場のない子については、ご相談に乗りますが、老猫ルームでの引き取りには、その子の初期医療等にかかる費用を【引き取り料】として、すべての方から一律でいただいております。

ボランティアなのになぜ?と思われるかもしれませんが、ひとりの子に幸せな猫生をまっとうしてもらうためには、食費などの生活費はもちろんのこと、たくさんの医療費がかかります。

保護猫だから…と私は妥協はしていません。

引き取り料だけでは、その子の一生にかかる費用を賄うことはできませんが、それでも、保護した方、事情で猫ちゃんを手放さなくてはならなくなった飼い主さんがその子のために負う責任=引き取り料としていただいておりますのであらかじめご理解いただけますようお願い申し上げます。

ページトップへ