猫専門ペットシッター kururu~くるる~

kururu~くるる~は、岡山市周辺の猫専門ペットシッターです。ペットホテルでのお留守番が苦手な猫ちゃんのお世話を代行いたします。
お問い合わせ先/猫専門ペットシッター kururu~くるる~
猫専門ペットシッター kururu~くるる~

ペットシッター 岡山

[くるるコラム] の投稿一覧

~第3回~くるるコラム☆お留守番あれこれ

カテゴリー : くるるコラム

クゥちゃん

年内にもう1回は!!と心に決めていたくるるコラムの第3回目。(第1回☆くるるコラム第2回☆くるるコラム)今日は、猫ちゃんのお留守番あれこれについてお話をしたいと思っています。たくさん取り上げたい内容はあるのですが、今回は、お客さまとの打ち合わせでも話題にあがることの多い「お留守番と照明」・「お留守番と室温」についてです(^-^)

質問:「夜のお留守番時に電気をつけておく必要は?」
答え:「必要はなし。」です。

もちろん、防犯のために、玄関やお部屋の電気をつけてお出かけになられることには大賛成です。ですが、猫ちゃんが真っ暗だと何も見えなくてかわいそうだから・・・という理由であれば、必要はないと思います。
猫は、暗闇では、人間の6倍以上良く見えていると言われています。これは、猫が明暗を感じる視細胞の桿状体(かんじょうたい)を網膜に多く持っているためであり、また、網膜のあとの「タペタム」とい層が、暗いところで見たものを鮮明にする働きを持っているからです。ちなみに、猫の目が光るのは、このタペタムの仕業です(^-^)(タペタムについては、説明が長くなりそうなので、興味のある方は検索してみてください。)ですから、お家という空間では考えにくい、光の全く入らない密室でなければ、暗闇でも、十分にものを見ることが可能になるというわけです。

質問:「猫ちゃんの快適室温は?」
答え:「人間が快適と感じる温度とほぼ一緒。」です。

ですが、育った環境・個体差・年齢・健康状態などによってもさまざまなので、日常の生活の中でお家の猫ちゃんの快適温度を見つけてあげておくことが大切だと思います。
猫にとって、急激な温度変化はストレスになり、病気を引き起こす原因にもなります。また、比較的暑さに強いと言われている猫も、閉め切った室内では、熱中症になってしまうこともあります。エアコンなどの怜暖房器具を利用できない場合は、涼しい場所(例:ひんやりマット)・暖かい場所(例:猫ベッド・毛布)をお留守番中の猫ちゃんが確保できるように工夫してあげることが大切です。

「ボクも、いい子でお留守番がんばるよ~!」山本家次男・クゥでした(^-^)

以上、駆け足になってしまった部分もありますが、本日も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました♪

ペットシッターランキングに参加中です。ぽち♪っと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ キャットシッターへ

~第2回~くるるコラム☆距離

カテゴリー : くるるコラム

タロとパティちゃん

月1回のペースで更新と宣言しておきながら、1回目の更新から早2ヶ月・・・( ノ゚Д゚)ノ7月に出会った猫ちゃんのご紹介もまだまだ途中の状態ですが、本日はひと休み。第2回目となるくるるコラムをお届けしたいと思います。
写真は現在、里親さんのお家でトライアル中の保護猫ルーチ(現パティちゃん)とタロ。彼女がトライアルに旅立つ前日の夜のものです。多頭飼いの我が家、日々猫同士の小さな”いざこざ”はあるものの、どこの子も私が連れ帰る保護猫に対しては、とっても優しく接してくれます。10人10様の性格を持った個性的な子たちばかりですが、その点に関してだけは、良い子に育ってくれていると自負しています(^-^)

さて本題に・・・。今日のテーマは、私がシッティングをする上で大切にしていることのひとつ。「猫ちゃんとの距離」についてお話してみたいと思います。

我が家の子たちがそうであるように、同じ種の猫といっても、その性格はさまざまです。ですが、飼い主さんが大好きな気持ちはみんな一緒。彼らにとって、お父さん・お母さんという存在は絶対的です。そんな大好きなお父さんやお母さんがお留守の間にやってくるペットシッターをすんなり受け入れることのできる子は、ごくわずか。。。ほとんどの子は、初回の訪問時には、ドキドキ顔で、私の一挙一動を見守っています。それから、「この人、大丈夫そう!」とそばに寄ってきてくれる子もいれば、一定の距離を保ちながらもお留守番のペースを掴んでくれる子、そして、「やっぱ、怖いー!」お隠れになってしまう子、お家の中に入ってくる私を敵とみなし、攻撃的になってしまう子・・・その反応は、いろいろです。

だからこそ、私は初回の訪問(打ち合わせ・シッティング当日)をとても大切にしています。もちろん、私自身、猫が大好きですので、どの子に対してもワシャワシャヨシヨシしたい気持ちはあります(笑。ですが、シッティングでもっとも最優先すべきなのは、ご家族がお留守の間、できるだけストレスなくお留守番してもらえることだと考えているため、必要以上に私自身が、自ら猫ちゃんに近づくことはありません。打ち合わせ時に、人が大好きだとヒアリングさせていただいた子については、おもちゃで積極的に遊びに誘うことはありますが、基本的には、猫ちゃんが自分の意思でやって来てくれるタイミングを待つことにしています。

長いお留守番の際には、シッターと仲良くできた方が、猫ちゃんにとっても良い場合もありますが、通常のお留守番では、普段通りに、ごはんを食べて、オシッコ・ウンチをしてくれることこそが理想のお留守番だと考えています。
猫は、とっても賢い動物なので、何もしない人=危険でない人だと、時間をかけることで、しっかりと理解してくれます。そして、シッターに対しても、お留守番も回数を重ねるごとに、少しずつ心を開いてくれるようになるのです。これは、猫ちゃんをお家に迎えたときにも、同様です。”焦らずゆっくりと・・・。”私は、そんなシッティングをペットシッターとして、いつも心がけています(^-^)

長くなってしまいましたが、今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました♪

ペットシッターランキングに参加中です。ぽち♪っと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ キャットシッターへ

~第1回~くるるコラム☆コースの選び方

カテゴリー : くるるコラム

ニィニ

くるるがオープンしてから、もうすぐ1年になります。
たった1年、まだまだ1年のくるるですが、この1年を通して、たくさんの猫ちゃんと出会うことができました。くるるの理念に共感してくださり、お問い合わせをくださったみなさまには、感謝の気持ちでいっぱいです。

オープン1周年にあたり、私がオープン当初より、ペットシッターとして大切にしていること、そして猫ちゃんに対する想いや願いを1人でも多くの方に知っていただくために、今後、月1回のペースでくるるコラムを綴ってみたいと思います。

第1回のテーマは、お客さまからの質問が最も多いコースの選び方についてです(^-^)

プロフィールのページにも書かせていただいているのですが、私は現在10匹の猫たちと暮らしています。(オープン当初は、8匹でした。)彼らとの暮らしの中で、1番の悩みは、家を留守にできないこと。。。お家が大好きな子たちが多いので、ペットホテルでのお留守番も難しく、また多頭ともなると誰かにお願いするということも考えずらい状況でした。そんな中、7年前にペットシッターという存在を知り、これなら私と同じ思いをしている方にも気軽に旅行に行ってもらったり、急な入院、仕事のときでも、頭を悩ませる必要なく出かけてもらうことができるのではないか・・・と思い立ち、1年かけて資格を取得しました。それから、動物病院やペットフードの会社で、知識と飼い主さまのニーズを学び、昨年、くるるをオープンさせました。

頭数による料金設定のペットシッターさんが多い中、なぜあえて、時間制のコース料金を導入したのか。。。
→ 多頭の方にも、ペットシッターを気軽に利用していただきたいという思いからです。

時間制と聞くと、物のように扱われ、丁寧なお世話をしてもらえないのでは・・・と思われる方もいらっしゃると思いますが、そんなことは一切ありませんので、どうぞご安心ください(^-^)打ち合わせ時に、詳しいお世話の内容をお聞きして、40分では難しいと感じた場合には、コースの変更もお願いしています。例え、実際のお世話時にアクシデントがあり(猫ちゃんがお水をこぼして部屋中が水浸しだった・・・など)、時間が超過してしまった場合にも、延長料金はいただいておりません。

また、1日2回のコース料金が、割安になっていることについてご質問をいただくことがありますが、こちらに関しては、お留守番中にもできるだけ、いつもと変わらない生活を猫ちゃんにしてもらいたいという思いからの料金設定となっています。もちろん、ご家族以外の人が苦手な猫ちゃんには、こちらのコースはおすすめしていません。また、ごはんの時間が決まっていない猫ちゃんやひとりっ子の猫ちゃんにも場合によっては、1日1回のコースで十分なときもありますので、猫ちゃんの生活スタイル・性格などによって、コースをお選びいただければ・・・と思います。そして、もちろん、1日2回のコースが割安になっているからと言って、1回1回のお世話が雑になるというようなこともありませんので、ご安心ください。

大好きな飼い主さまがお留守の間、猫ちゃんにできるだけいつも通り、そしてストレスなくお留守番をしてもらえるよう、いつも、猫ちゃん目線でのシッティングを心がけています。お問い合わせの際には、小さなことでも構いませんので、遠慮なくご質問ください(^-^)また、こんなテーマのコラムが読んでみたい・・・などリクエストも大歓迎です。みなさまからのお問い合わせ、心よりお待ちしております。それでは、最後までお付き合い、ありがとうございました♪

ペットシッターランキングに参加中です。ぽち♪っと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ キャットシッターへ

1 / 11